WEBサイト制作、集客モデル構築から運用方法、コンサルティング

テレワーク助成金

こんなニーズのある企業様にお勧めの仕組みがあります!

  • 育児や介護と仕事を両立できるような環境を整備したい
  • ITによる効率化を図ることで、生産性を向上させたい
  • 在宅勤務可能な環境にすることで、社員が働きやすい環境と整えたい
  • 通勤手当など経費を削減したい
  • 災害時など非常時でも事業継続できるようにしたい

支給対象となる事業主

 支給対象となる事業主は、次のいずれにも該当する事業主です。

  1. 労働者災害補償保険の適用事業主であること
  2. 次のいずれかに該当する事業主であること
  3. テレワークを新規で導入する事業主であること(試行的に導入している事業主を含む)
  4. 労働時間等の設定の改善を目的とした終日在宅で就業するテレワークの実施に積極的に取り組む意欲があり、かつ成果が期待できる事業主であること

助成金の目的

週 1 回以上終日の在宅テレワークを導入する中小企業に対して、導入経費の一部を助成する

事業実施期間

平成 26 年 4 月 1 日 (火) ~ 平成 27 年 2 月 28 日 (土)

成果目標

終日在宅で就業するテレワーク(※1) 促進について、下記の成果目標を設定いただきます。

1) 評価期間(※2) に 1 回以上、対象労働者全員に、終日在宅で就業するテレワークを実施させること

2) 評価期間において、対象労働者が終日在宅でテレワークを実施した日数の週刊平均を 1 日以上とさせること

※1 事業主の明確な指示に基づき、終日在宅で、ICT を活用して業務を実施すること

※2 1 か月から 6 か月の間で、事業主が事業実施計画において指定した月単位の期間を指す

支給対象となる使途

経費区分 内容
謝金 専門家謝金
旅費 専門家旅費、職員旅費
借損料 機器、設備類、ソフトウェアなどのレンタル、リースなどの費用
ICT※ を利用したサービスの利用料(リース料、レンタル料、サービス利用料などに含まれる諸経費)
なお、評価期間中の費用のみが対象です。ただし初期導入費は全額が対象です。
会議費 会議の費用 (会場借料、通信運搬費含む)
通信運搬費 資料などの郵便料、諸物品の荷造り費および運賃
雑役務費 研修など受講料、機器、設備類、ソフトウェアなどの保守費用
印刷製本費 研修資料、マニュアルなど作成の費用
機械装置など購入費 機器、設備類の購入、改良などの費用 (設定費用、社員などに対する研修費用を含む)、機器、設備類の設置、撤去などの費用
【ご注意】PC、タブレット、スマートフォンの購入費用は、助成対象となりません。
備品費 図書などの購入費用
消耗品費 各種事務用品 (コピー用紙、筆記用具など) の購入費、ソフトウェアなどの購入、改良などの費用 (設定費用、社員などに対する研修費用を含む)
委託費 調査会社、コンサルタント会社などへの委託費用、システム開発会社などへの委託費用

※ICTとは、Information and Communication Technology(インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)の略で、情報通信技術を表すITに、コミュニケーションの概念を加えた言葉です。

結果を出したい方のみお電話下さい。 TEL 04-7128-4428 10:00~20:00(平日のみ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 有限会社ミューファ All Rights Reserved.