WEBサイト制作、集客モデル構築から運用方法、コンサルティング

ホームページ制作のプロと素人の違い

ホームページは誰でも作れる時代に

ホームページは誰でも作れる時代になりました。 でも、そしたらホームページ制作会社や事業者はこの世からいなくなってしまいますよね。
なぜ、いなくならないのでしょう。
それは、素人とプロには、目に見える部分と見えない部分の両方で、圧倒的な差があるからです。

素人とプロ、どう違うのか?

目に見える部分の違い

ずばり、デザインです。 全体のデザインはもとより、細部のデザイン、余白の取り方なんかは、圧倒的に違います。 なかには、最低限のデザイン力がなくとも「プロ」を名乗っている業者さんもいらっしゃいますが。 でも、基本的に、素人さんがフリーソフトなどで作成したものと、プロが作成したものは違います。 それもそのはず、経験もさることながら、使っているソフトが違います。 素人さんは無料ソフト。プロは数十万円もするADOBE社のPhotoshop、Illustrator、DreamWeaverの最新バージョン。 表現できる幅がケタ違いです。

目に見えない部分の違い

素人さんが使うHTML言語と、プロが使うHTML言語は違います。 厳密にいえば、素人さんが使うHTML言語はHTML言語でさえ、ありません。 プログラムの性能があがり、厳密にHTML言語を使わなくともホームページ上は表記されるようになりましたが、中身はまるで違っているのです。 つまり、対人では一見同じように見えるホームページも、対コンピュータでは全く違う内容に受け止められているということです。

旧コーディング、旧宣言文の怖さ

HTML言語は、厳密型stractureといって、非常に精確な基準で書かれなければなりません。 一見、人間の目で見て問題ないWEBサイトでも、パソコン側(ブラウザ側)から見ると、まるで日本語の文法がわかってない外国人が片言の日本語を話しているように、「なにを言いたいのかわからない」と受け止められてしまっているのです。

W3C基準とはをクリアする

W3C とはWorld Wide Web Consortiumの略で、「ダブリュースリーシー」と読みます。 ホームページの言語や標準規格を決めている非営利団体のことで、ホームページのHTMLの正しいソースの書き方の基準(ルール)を決めている団体です。 W3Cが定めた基準をクリアできれば、google検索などで上位表示される可能性が高くなります。

SEOを意識しているか、いないか

google検索などで上位表示されることを、SEO対策と呼びます。 W3Cが定めた基準をクリアできれば、良いSEO対策をしているということです。 「W3C=正しいHTMLであることの証」と考えてくださるとわかりやすいかもしれません。 ごちゃごちゃして読みにくいHTMLよりも、キレイに整ったHTMLの方が読みやすいですので、検索エンジンに対してのウケもいいのです。 SEOを意識しないで作られたホームページは、路地裏に建てられた看板と同じです。

看板とホームページが違う点

駅前の目立つところ、いわば一等地に看板を出すには必ずお金がかかりますが、ホームページはやり方さえ知っていれば一等地に看板を出せます。 そのやり方をご自身で学ぶもよし、知っている業者に依頼するもよし、です。 大切のは、路地裏に建てられた看板だとも知らずに、自分で作ったホームページに反響がなかったからといって、「ホームページは効果がない」と判断してしまうことです。 見られなければ、そもそも看板、つまり広告の意味をなしません。 ぜひ、SEO対策というものを意識してみてください。

W3CコーディングOK!SEO対策OK!その次は…?

SEO対策の次は、コンバージョンアップのためのハウツー(LPO対策など)が待っています(^^;) 紙媒体の広告と比べ、まだまだ発展途上にあるホームページ広告ですが、だんだんと競合が増えるにつれ、競争が激化してます。 とはいっても、地方などは未だホームページさえ導入してない地域が多数あるくらい、まだまだこれからの広告方法として、ホームページは有効です。 なんでも早いもの勝ちですが、あと10年は、やったもの勝ち早い者勝ちの時代が続くでしょう。 とんでもない技術革新が起ころうと、それを使うのは人間ですから、基本的な広告戦略は同じです。 ただ、ポスティングや上媒体の広告を打つ費用対効果と、ホームページによる広告の費用対効果を比べると、圧倒的にホームページが優勢です。 ぜひ、ホームページの可能性にチャレンジしてみてください。

結果を出したい方のみお電話下さい。 TEL 04-7128-4428 10:00~20:00(平日のみ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 有限会社ミューファ All Rights Reserved.