WEBサイト制作、集客モデル構築から運用方法、コンサルティング

SEO対策(すべき対策とすべきでない対策)

おすすめしないSEO最策

検索エンジン各社は、悪意あるSEO対策による影響を抑え、検索結果の質を維持するために、アルゴリズムを日々更新しています。

悪意のあるSEO対策とは、中身がないのに検索結果が上位にくるような、いわば「邪道なSEO対策」です。

      • 避けるべきSEO対策①

        初期のSEO対策は、有望なキーワードを大量にWebサイトへ埋め込むことが有効と考えられていたことがありました。

        検索エンジン(googleやyahoo)の立場から考えれば、そのホームページと関係ない(あるいは関係が希薄な)キーワードが埋め込まれていても、個々のキーワードについての内容が充実していなければ、ユーザーの役に立たないサイトと判断されるでしょう。

      • 避けるべきSEO対策②
        また検索エンジンからの評価が高いサイトからのリンクは有効といわれています。
        しかし、いくら高評価でも、まったく関係ない内容のサイトからのリンク(関係性の密度が薄いリンク)は評価されないどころか、かえって弊害になります。
      • 役に立たないSEO対策①

        METAタグのdescriptionやKeywordに、キーワードを盛り込んだページの説明やキーワードを挿入することもSEO対策に効果があるといわれていました。

        しかし、めったやたらに挿入するサイトオーナーが増えてしまいました。今でもときどき、ヘッダーやフッター、サイドバーの一番下のあたりなどに、都道府県名すべてのテキストがはいっていたり、サービス名がすべて羅列されていたり…を目にされることはないでしょうか。

        サービス名がキーワードとしてすべて入っていても、そのページがすべてのキーワードを説明しきれるわけでもなく、ユーザーにとっては意味のないものといえます。
        そのためか、検索エンジンはキーワードの羅列を評価しなくなったといわれています。

役に立つSEO最策

検索エンジン各社は、悪意あるSEO対策による影響を抑え、検索結果の質を維持するために、アルゴリズムを日々更新しています。

そのような中、以下の各対策は、検索エンジンのアルゴリズムがどんなに変更されようと、おそらく変わることのないものです。いわば「王道のSEO対策」です。

  1. 正しいHTML構造で記述する

    正しいHTML構造で記述されているWebサイトは、検索エンジンにとって読み取りやすい、Webブラウザにもきちんと表示される(可能性が高い)点でよいサイトと評価されます。

    なお正しいHTML構造は、W3C(ダブリュースリーシー)という、Webの標準をすすめる世界的な団体が基準を作っています。

    W3Cのアプリケーションにかけて、VALIDと表示されれば、W3Cの基準をクリアしていることになりますので、一つの目安にまります。

    W3Cの基準は検索エンジン各社の基準と一致するわけではありませんが、重要視されていることは間違いありません。

    • 記事ですべての3つのHタグを使う
      1. H1を設定
      2. H2はarticleキーワードに
      3. H3タグは最初の段落ではページの最後の文で表示される
    • キーワードを最適化する
      記事で3~5%のキーワード密度を持たせ、ディレクトリURLに表示させ、titleに表示させる
    • 適切に太字やイタリック体を使用していない。
      太字やイタリック文字は、ブログ上のページへの内部リンクへ
    • ALTタグ付きのイメージを使う

      ホームページに画像を入れる際、<img src="画像を置いてあるURL" />とだけ記述しているHTML構文をよく見かけます。

      ここは、<img alt="画像に関連しかつSEO対策したいキーワード" src="画像を置いてあるURL" />とする方が断然SEOに強くなります。

  2. 「1ページにつき1テーマ、1テーマにつき1キーワード」で記述する

    これが検索エンジンから評価される理由は下記のような点があげられます。

    • 内容が絞られており読みやすい。
    • 内容が絞られているため、ユーザーの役に立つ。
    • 適量のキーワードを文章中に織り交ぜられる。
  3. コンテンツを充実させる。

    まさに王道のSEO対策です。CMSホームページはコンテンツの充実にかかせないツールですので、ぜひとも導入しておきたいところです。
    注意点としては、上記のように1ページ1テーマ1キーワードで文章を作成し、内容の濃い、ユーザー視点で役に立つ情報を提供することです。
    1ページに織り込むキーワードの数は、文章に最低限、必要な文章量に1.2倍くらいを目処に、してみてください。
    不自然に多すぎては行けませんが、少なすぎてもSEO対策には、なりにくいものです。
  4. 検索エンジンから評価されているサイトからリンクをもらう

    このときのリンクは、認識されたいキーワードを盛り込んだアンカーテキストで行います。

    たとえばホームページ制作を行っております弊社のサイトにリンクを貼る場合は、次のようにするとよいでしょう。

    有限会社ミューファ

    この「有限会社ミューファ」の部分を、アンカーテキスト(またはリンクテキスト)と呼びます。

結果を出したい方のみお電話下さい。 TEL 04-7128-4428 10:00~20:00(平日のみ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 有限会社ミューファ All Rights Reserved.