不動産×建築×許認可×登記オールイン・ワンストップグループ「SOMEグループ」が提供する不動産「SOMEHAUS」

ホームページ活用法

ホームページの本質と活用思考

ホームページをゴールから考える ホームページ制作は、ゴールから考える

なぜホームページを作るのでしょうか?

ホームページを作ることによって、さまざまな期待があると思います。

良いホームページは自社のブランディングにつながります。

周囲にはもちろん、社員の帰属意識や士気も上がるでしょう。

新しいお客様との出会いや、既存のお客様へのサポートや、それから繋がる新しい発見もやってくるかもしれません。

ご存知のように、ホームページは、安価にかつ継続的に発信できる電子広告媒体です。

ゆえに、その数たるや計り知れません。

「.co.jp」をドメインに持つ企業だけで35万強あります。

(2013年現在。参照元

 

また、これだけの数の広告があれば視聴者の目も肥えてます。

他の広告に埋もれてしまいなかなか見つけてもらえないのに、

ようやく見てもらえても、8秒で「戻る」ユーザが増えました。

当然、その争いは熾烈を極めてます。

検索結果を上位にするためのSEO対策やリスティング広告、

見てもらえるようなデザイン、目を引く動き、キャッチフレーズ。

さまざまな広告が氾濫し、それに呼応して技術も進化していきました。

最新の技術、最新のデザイン、最新のWEBページ ――

しかし、最新のものを使えば、当然コストもあがってきます。

また、コストをかければ、常に検索上位に表示させることも可能です。

しかし、どれだけ進歩しているように見えても、

広告は、しょせん広告なのです。

マーケティングファネル

マーケティングファネル

一番忘れてはいけないことは、「その広告を見る側」の立場。

その広告を見た相手に、想いがしっかり伝えるのが、とても重要です。

逆に、いくら目についても、無関心な広告をいつも見せられたら、

これから関心を持つかもしれない未来の潜在顧客の、

反感を買ってしまいまいかねません。

とてもシンプルに、一番大切なこと。それは、

“どんな「質問」で検索してくる人に、どんな「答え」を提供するか。”

これを念頭にホームページのコンテンツを作成するといいでしょう。

不動産、測量、設計、許認可、登記まで TEL 04-7128-4428 本当の不動産ワンストップ・サービスを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP